バックナンバー

通信制高校の深い情報

通信制高校の入学入試について

通信制高校の入学方法

通信制高校の入試内容

通信制高校の入学方法は学校で行っている入試を受けて合格する必要があります。この入試は、面接と作文、筆記テストを行う学校が殆どです。主に面接試験の方に重きをおいている場合が多いので、出来るだけ十分な受け答えが出来るように準備しておきましょう。入試で行う面接の時間は大体10分から20分程度で、個別に行う場合もあれば集団で行う場合もあり方法は学校によって異なります。質問される内容はこれといって難しいものではなく、「何故、通信制高校に入学しようと思ったのか」などについて尋ねられます。試験官となる職員は純粋に理由を知りたくて質問してます。そのため、受け答えに関して着飾る必要はありません。素直な気持ちを離しましょう。またこの面接では生徒が通信制高校に入学するにあたり、どんなサポートが必要になるかなどを調べる目的があります。生徒の人となりを知るために日常的な会話を行う場合もあり、出来るだけリラックスした状態で受けると良いでしょう。入試と言う入学方法を設けていますが、基本的に「受け入れるための試験」なのでその合格率は高いです。条件を満たしており、学びたいという意欲があれば入学することが出来ます。基本的にどの学校も入学方法は変わりませんが、事前に確認しておきましょう。

↑PAGE TOP